福知山
河川国道事務所

[用語集]

【水防団待機水位】
水防法の「水防警報対象河川」の主要な水位観測所に定められている水位です。 同法で定める各水防管理団体が、水防活動に入る準備を行うための水位のことです。

【はん濫注意水位】
水防法の「水防警報対象河川」の主要な水位観測所に定められている水位です。 同法で定める各水防管理団体が、水害の発生に備えて出動し、又は出動の準備に入る水位です。

【避難判断水位】
水害の発生に備えて、市町村長の避難準備情報等の発令の目安となる水位です。
【水位の位置づけ】・市町村長の避難準備情報等の発令の判断・住民の避難判断の参考とする水位。 これまでは、水位情報周知河川において「特別警戒水位」として設定されていましたが、 「洪水等に関する防災情報体系の見直し実施要綱」に準じて、平成19年4月からは防災用語としては 「避難判断水位」と表現します。

【はん濫危険水位】
「洪水予報対象河川」の主要な水位観測所に設定される「氾濫の恐れが生じる水位」で、 洪水予警報の発表において用いられます。

【計画高水位】
堤防の設計・整備などの基準となる水位で、計画上想定した降雨から算出された流量を ダムなどの流量調節施設と組みあわせて各地点の計画流量を決定し、それに対する水位として決定したものです。 河川の計画上の水位なので、堤防が完成していなければ、この水位より低い水位で氾濫などが発生する可能性があります。

【60分雨量】
過去60分間の雨量で、隣り合った10分雨量を6個合わせて60分間の降雨量としたもの

【累加雨量】
雨が降りだしてからの雨量の合計。6時間連続で降らない場合、累加雨量は0[mm]になります。

【10分雨量】
10分間あたりの降雨量を示します。

戻る